■カーテンの写真について■


■カーテンの色について
当店で販売しているカーテンの写真は全て私(店長山田)が撮影をしております。

カーテンの色についてはお使いのモニターの環境によって少々違ってきてしまうので、どうしても完璧に表現するのは難しいようです。
同じカーテンであっても、照明のぐあいでかなり色が違って見えることがあります。蛍光灯と白熱球ではかなりの違いがありますし、太陽の光でも当たり方によってだいぶ変ってきてしまいます。
万が一届きましたカーテンがイメージと違った場合は、照明の当たり具合や、昼と夜の光の当たり具合で イメージが違ってきますので、いろいろお試しいただきたいと思います。

私としてはできる限りその環境も考えて現物に近い色を出せるように、撮影したカーテンは全て私が実際に手にとってパソコンのモニターの前において納得いくまで画像編集をしてから掲載するようにしております。

それでも、お使いのモニターによる色の違いというのは必ずありますので、どんなに完璧な写真であっても、100%イメージ通りの表現をすることは不可能なようです。

そこで、アウトレット商品以外のカーテンにつきましては、カーテンの生地サンプルを無償でお送りするようにしております。

また、イージーオーダーでお作りしてしまったカーテンはどうしようもないのですが、既製品のカーテンであれば、ご返品も承っております。(送料についてはお客様のご負担になってしまいますが)

どうかご理解をいただきました上でお買い上げ頂きますようお願い申し上げます。

■撮影環境について
掲載しているカーテンの写真は厚地カーテンとレースカーテンで想定している環境が違います。
カーテンの使い方として、昼間はレースカーテンだけを使って厚地カーテンは使わずに束ねておく。
夜になったら、厚地カーテンを閉める。というのが一般的です。

したがいまして、厚地カーテンは夜が一番目につく状態を想定していますので、太陽光に直接邪魔されない夜を想定した環境の写真となっています。
カーテン生地のイメージはしっかり伝わるはずなのですが、遮光性のないカーテンはこの写真では透けた感じが伝わりにくくなります。
昼間厚地カーテンを使用するのであれば、遮光性のあるなしを確認していただいて、どの程度透けるのかをイメージしていただく必要があります。
遮光性についての詳しい説明はこちらです。

レースカーテンは昼間が主役となりますので、昼間、カーテンの透け具合もわかるよう状態で撮影をしております。
その場合どうしてもレースカーテンの生地そのものを正確に伝えにくくなってしまうので、透けていない写真もできる限り掲載するようにしております。

お店で実際に選ぶ際の注意
ついでになりますが、通販ではなく実店舗でカーテンを選ぶ際に注意する点がございます。
(ちなみに当店はメーカーなので実店舗はございません)

■売り場の照明に注意してください。
カーテンの売り場の照明が蛍光灯なのか白熱のスポットなのかを確認してください。
白熱のスポット照明は色がかなり黄色っぽく見えますので、いくら現物をみて購入しても、家に持ち帰って見てみたときにイメージが大きく違ってくることがあります。

■見えにくさはほとんどわかりません。
カーテン売り場でよく見かけるのですが、遮光カーテンやミラーレースカーテンを手にとって顔をグッと近づけてどのくらい透けないかを見ている方がいらっしゃいます。

現物を手にとって見ているので一番間違いがないように思えますが、カーテンの透け具合というのは実際に窓にかけた状態でしか正確にはわかりません。
外が曇っていても太陽の光というのは室内の照明とは比べ物にならないくらい強いものなので、カーテンの裏も表も電気の照明が当たっているお店の中では正確にはわかりません。

遮光カーテンについては遮光等級をよく確認することが大事で、レースカーテンについては、夜でも見えにくいタイプは別として、昼間についてはミラーカーテンでも一般のレースカーテンでもかなり外から見えにくいものなので、お店の方によく確認をされるといいと思います。