お洗濯の前に


 
●カーテンの裏に、取り扱い絵表示が縫い付けてありますので、洗い方を確認してください。

 ●商品によって、お洗濯方法は違いますので、必ず確認してください。



洗濯機で洗えます。水温は40℃までで、弱水流、又は弱い手洗いができます。
(できれば大きな洗濯ネットに入れてください)
最近はポリエステル100%のカーテンが多いので、このマークがついているものがほとんどです。
洗剤の制限は特にありません。漂白剤だけ注意してください。
水量は多めですすぎは1分くらいが適当です。
洗濯機で洗えません。水温は30℃までで、弱い手洗いや、押し洗いをしてください。
ポリエステル100%のカーテンでも、生地の組織によっては、このマークがつくこともあります。
しわにならないように、もみ洗いは避けてください。
水洗いができません。
最近のカーテンではほとんどありません。当店の商品も、たぶんひとつもなかったと思います。
ドライクリーニングができます。お近くのクリーニング店へお持ちください。
塩素系漂白剤による漂白ができます。一般的に真っ白なレースはこれです。
塩素系漂白剤による漂白ができません。かなりのカーテンがこのマークです。
漂白は充分注意してください。
アイロンは低温で掛けてください(80℃~120℃)。
中には中温、高温のマークのカーテンもあるようですが、
当店では念のため、ほとんどこの低温マークにしております。
やっぱり、どんな生地でも、あんまり高温だと焦げたりすると思います。



どんな洗濯方法でも、ほこりを良く払って、付属のフックをはずして洗いましょう!


●洗濯後はフックを付け直して、カーテンレールに吊り直して自然乾燥させましょう。

しわが気になるようなら、下に引っ張って伸ばしましょう。

乾燥機は使わないでください。



素材の特徴
ポリエステル 収縮が少なくて、しわにもなりにくいです。
洗濯機で洗えるカーテンはほとんどポリエステル100%です。
綿 縮みやすいです。あのナチュラルな風合いはいいのですが、
洗濯機ではまず洗えません。
アクリル ポリエステルに比べるとやや縮みやすく、手洗いのマークがつくことが多いです。
熱に弱いので、アイロンは不向きです。
レーヨン はっきり言って、長持ちしません。
直射日光が当たってると、3~4年くらいでだめになることもあります。
お洗濯は必ずクリーニング店で!